母子生活支援施設

施設概要

18歳未満のお子様を養育している母子家庭の方が対象です。入所期間は概ね2年間で、この間に地域での自立した生活に向けて必要な支援をします。

支援方針

施設の名前には「家」という言葉を使いましたが、家庭、家族という意味も含め、入所されたお母様、お子様が安全に毎日を過ごせ、落ち着いて穏やかに、明るく暮らせる「家」であるよう、お手伝いを行います。

  • お母様とお子様が安心して安定した暮らしがおくれるよう支援します。
  • お母様とお子様が、地域の一員として自立した生活が送れるよう支援します。
  • お母様からの相談に応じ、いきいきとした子育てができるよう支援します。
  • お子様の意志を尊重し、さまざまな体験をとおした成長を支援します。

施設のしごと

相談・支援

就労に関すること、福祉制度に関すること、子育てに関することなど、生活上の様々な悩みや問題に関して相談に応じ、お母様やお子様が主体的に課題の解決に取り組む支援を行います。

心理療法等

プレイセラピーや面談をとおして心理療法を行い、生活上の課題の認識や課題解決に向けた取り組みを支援します。
また、学童保育など、子どもたちの生活場面でのかかわりにも取り組んでいます。

施設内保育

お母様がお仕事を始めた時にタイミングよく保育園に入れない時には、保育園に入れるまでのあいだ施設内で保育を行います。
また、子育てに対する不安や心配などをお持ちのお母様には施設内の保育を行い子育て支援を行います。

学童保育

放課後、夏休み・冬休みに小学生を対象に学童保育を行います。長期休みには遠足などのイベントも行います。

学習支援

学校の宿題や、お子様の勉強の進み具合に合わせたプリント学習など、下校後の時間や夏休み・冬休みに行います。

お楽しみ会・誕生会

毎月、季節の行事を取り入れたお楽しみ会を行っています。誕生会では誕生月のお子様を施設の入所者の方々と施設スタッフでお祝いします。

お知らせ

現在お知らせはありません。