森の窓

森の窓

vol/39

2019年07月01日

 今月の句です。

 

鉛筆の先に落ちたる雨音の

 

目を閉じて外の音聞く梅雨の朝

 

つかの間の青い光を燕切る

 

見るとは無しに見入る妻の汗

 

梅雨最中かたつむりだけ静謐に

 

一昨年は林京子さん、昨年は石牟礼道子さん、そして今年は、橋本治さん、さらに加藤典洋さんが亡くなりました。私にとっては、文

 

学を通じての身近な人達です。加藤典洋さんは、文学者と言うよりも批評家として「敗戦後論」などが代表作なのでしょうが、村上春

 

樹の小説を追った「イエローページ」が、村上小説の大きな道案内だと思います。戦中の人、戦後の人と、それぞれが他界する中で、

 

時代は「カチッ」と歯車を回したような気がします。歯車から連想で、漫画の「ねじ式」を思い出しました。つげ義治の代表作です。

 

1960年代の日本漫画の秀作です。意味不明的なお話ですが、ある才能の開花だと思います。

 

(小形烈/記)