森の窓

森の窓

vol.26

2018年03月26日

 家畜も人も、おとなしく、従順で子供っぽくなる事で、こんにちに至っているとの話があります。「今の若い者は」と言う言葉は、そ

 

の通りだなぁと思わせます。でもこれも進化だということです。

 

 昨年は、カズオイシグロがノーベル賞を頂きましたが、村上春樹に比較すると、物語りの面白さは勝っているとは思えませんが大人

 

の作品だとは思います。イシグロの「私を離さないで」と題名が似ているだけで綿谷リサさんの「私をくいとめて」を読んで見まし

 

た。「難破船」は同じかも知れませんが、重さがだいぶ違い、売れ行きはともかく、現実以上の軽さを、綿谷さんは目指しているのか

 

なと思い作家の現在にちょっと同情してしまいました。

 

もうすぐ、百年近く前になりますが、芥川龍之介さんは、「みかん」という、作品を残しています。古典からの引用物、キリシタン

 

物、そして私小説物と沢山の短編を残しましたが、爽やかさを残す作品です。

 

(小形烈/記)