森の窓

森の窓

vol.3

2017年05月08日

 

 仕事に個人的な苦労は、悪魔の仕業で無くても、山とあります。やれやれです。残念ながら、苦労は至るところに横たわっています。

 

私に関しても、転職!それも考えなかったわけでもないのですが、「自分で選んだ仕事だし」、他にもっと素敵な仕事も思いつかない

 

し、天からの啓示も無かった。 結果として、好きで続けたわけです。

 

ヘミングウェイ、サリンジャーと2人のアメリカ文学を勧めたので、今回は、日本の文学をと思います。

 

大江健三郎の「芽むしり仔撃ち」です。

 

主人公の少年の困難と読む側の読者の困難。東大文学部仏文学科出のエリートは、豊富な語彙と豊かな感性で、主人公にも読者にも、

 

苦労を強いります。ドフトエフスキーの様な長いお話を書く人の小説は、読む上で苦労の連続的な面があると思いますが、これは短

 

編なので、苦労も超せるのではと思います。何と言っても、大江健三郎は、日本列島人の好きなノーベル文学賞の受賞者です。ちなみ

 

に文化勲章の受賞は拒否しています。

 

一読の意味はあると思います。

 

(小形烈/記)