森の窓

森の窓

vol.31

2018年06月04日

 前回フランスの空気と書いたので、連想ゲームでサガンの「悲しみよこんにちは」を思い出してしまいました。全く単純にできてい

 

るタイプの人間です。小説は大ヒットし、映画化もされました。主演のジーン・セバーグのヘアスタイルもセシルカットと名付けら

 

れ、モードになりました。ジーン・セバーグはこの後、ゴダール監督の「勝手にしやがれ」にもベルモンドと共演し、とても素敵な女

 

の子でした。ゴダール監督は更にベルモンド主演の「気狂いピエロ」を作り、私にとっては、映画史上最高に好きな映画の一つになり

 

ました。

 

第二次大戦後のそれぞれの国の空気があったと思いますが、フランスのアンニュイな空気は私を魅了しました。萩原朔太郎も彼の時代

 

に「フランスに行きたしも思えでも、フランスは余りに遠し」と書いています。私たちにとっては地球の裏側の物語が、不思議に私た

 

ちを魅了します。もっともフランス人から見ると日本列島は月の裏側らしいですが。

 

(小形烈/記)